スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王国誕生秘話:1

古いお宝写真を携帯で撮った物ばかりなのですが、

第一部・南国九州 黒田地方 命王国誕生に至るお話をさせていただきます。

文章ばかりになり申し訳ございません。

 

生れた時から大型犬を見て育ってきた私。

猫は小学生の時に一時、迷い猫が居ただけで(飼い主が見つかりました)

飼った事がありませんでした。

その我が家が何故、多頭飼いになっていったのか・・・

 

夢之助、この子に〇〇年前、私がベタ惚れしたことに始まるでしょう。

 お猫様と私

ご近所の子だったのですが、犬が死んでしばらくしてから遊びに来るようになり

私がベタ惚れしたため、そのお宅が引っ越す際に譲り受け、我が家で看取ったのです。

摩周湖のように青く澄んだ瞳に知的な光をたたえ、王者の風格を備え、

優しく賢く、歩く姿は軽やかで、その気品ある美しい存在はまさに奇跡!!!

(私以外はただのデブ猫と言ってたけど・・・)

夢を写す為だけにバイトして一眼レフカメラを買った私。。。

 

基本、犬好きだった我が家を猫好きに変えて行った子です。

南国九州 黒田地方 命王国の礎を築いた開祖!といえるでしょう。

 

第一王朝:カルピス国王

 お猫様と私 

夢之助が居つくようになって一年位して、アモーレ国に行った妹が拾ってきた子です。

”家には夢ちゃんがいるから飼えない!”と(その時はまだ他家の猫)

私が反対したので、養子先を捜す予定だったのが

父が気に入り”カルピスお前は家の子だからな”と名付け、

この子に話していたため決定。第一王朝 カルピス王国樹立。

7KGの堂々たる体躯、おおらかで、人間を信じきっていた子でした。

 

そして月日は流れ、夢之助に続き、カルピス国王が病に倒れ、崩御される3日前!

雨上がりのずぶぬれの姿で妹1号に保護されたのが、幼い、後の命国王。

 

 お猫様と私命(保護からしばらくたって)

カルピス国王が伝染病だったため、王国に足を踏み入れることなく

他家に養子に行ったものの、一日中鳴きつづると言われ、

3日後戻されることに・・・引取りの日の早朝、カルピス国王崩御、第一王朝の終焉。

文字道理入れ代わりに幼い命国王が入国、養子先を探したのですが、

予防接種も受けられないほどやせており、皮膚病にかかっていて

また、一体なにがあったの?というくらい極度の人間不信&鋭い眼光。

病気が治ってもあまりの鋭い眼光に養子縁組先は見つからず

結局、現在の第2王朝、命王国樹立。

 

 お猫様と私 現在の命国王

 

幼少時より今が可愛い命国王。万歳!!

 

 

 nekoten[1]←お待ちいたしております。

 

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

☆飛び出るねこ缶☆
 お猫様と私  お猫様と私  お猫様と私
プロフィール

Tarassaco

Author:Tarassaco
Tarassaco--一応、人間
命(みこと)-♂-01年生れ
てん-------♀-03年生れ
まこと------♀-03年生れ
スモーキー-♀-03年生れ
華(はな)---♀-04年生れ
あげは-----♀-05年生れ
梵(ぼん)--♂-07年生れ

☆てん女王ニュース☆
アタシ様倶楽部の会員になったのよ!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
旬の花時計
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。