スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯盛宮当流 流鏑馬 後編

飯盛宮当流 流鏑馬福岡市無形民族文化財指定

第172回 飯盛神社の流鏑馬行事 2時から開催

行列を組んでお汐井とり

早朝に海まで行って禊をして海砂(お汐井砂)をとってきて、近くの川辺に置いているので

その砂を神官や射手の人たちが取ってくるのです。

神社に戻っていって、その砂を神社に献上

で、色々な儀式を経たあとに、いよいよ流鏑馬の執行。

全ておわったら神社の境内に戻って矢を神前に奉納し拝礼して終了。

 

写真はないのか!?といわれそうですが、

私、水干の装束を着て写真撮られる側だったので

奉納の最中はカメラを出す事が出来ませんでした。

お猫様と私 

これが唯一の写真。

ちょうど全て終わって神社に弓を奉納しに行くところの行列です。

ので、下をお楽しみください。

 

お猫様と私 

儀式に使ったいろいろ道具

 

お猫様と私 

本日の衣装水干(女性は全員この格好,色は何色か有)

 

お猫様と私 

左:花射手 右:的持

手に持っている杉板が的、矢が当たったら紙ふぶきが飛ぶ仕掛けが裏にしてあります。

右の隅にちょこっと移っている男性のが平騎射(この人も馬に乗って矢をいります:射手見習い?)

右奥で配っているのがおいしいと有名な甘酒

 

お猫様と私 

記念撮影中の的持さん

(右から2番目の人が持っている的はあじり的?とかいう木で編んだ的)

 

お猫様と私 

談笑もしくは打ち合わせ中の皆さん

お猫様と私 

 

お猫様と私 

終了後、記念撮影中の(確か)大将。 (この人は弓はいりません)

 

着替えが終わり、記念品を頂いて解散したのが5時でした。

 

以上 流鏑馬のレポートでした。

 

 

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:ペット

コメントの投稿

非公開コメント

お~、
仰々しい行事ですね~。
昔の日本にタイムスリップしてしまったみたいだ…。
せっかく九州にいるのに、何かの行事がある時はたいがい仕事なんだよね~。
私も見物に行きたいなぁ。
梵くん…目の上の傷が痛々しいね。
しかし顔はかっこよくなってるみたいだ。
お外で一回り成長してきたかな!?

TVでしか・・・

見た事が無かったのですが・・・

舞台裏に詳しいと思ったら、参加されてたんですねぇ~~~凄いっ♪

☆飛び出るねこ缶☆
 お猫様と私  お猫様と私  お猫様と私
プロフィール

Tarassaco

Author:Tarassaco
Tarassaco--一応、人間
命(みこと)-♂-01年生れ
てん-------♀-03年生れ
まこと------♀-03年生れ
スモーキー-♀-03年生れ
華(はな)---♀-04年生れ
あげは-----♀-05年生れ
梵(ぼん)--♂-07年生れ

☆てん女王ニュース☆
アタシ様倶楽部の会員になったのよ!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
旬の花時計
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。