チャンポンが遠い

しょうけ峠に向けてあっという間に小さくなっていくフランチェスコさんとPiccolinoさん。


ヨッチさんに、千切れたぞ~!

と言われて必死に追って



も疲れるだけですし

只でさえしんどいのぼり。

頑張りませんよ。

未だ始まってすらいないのです、マイペースにいきます。


( ̄∇ ̄)曲がり角とかでは待ってくれるやろ。タブン



そして遂にしょうけ峠の入り口に到着。



入り口の写真撮ってない。。。(´・ω・`)


フランチェスコさんに、先に行って下さい。と言われて


張り切って登っていくPiccolinoさんとヨッチさん。

見えなくなっていく2人の背中を見ながらぼっちぼっちのぼっていきます。

ちょっと離れた後ろからつかず離れずといった感じでフランチェスコさんが殿をしてくれてます。


意外と長い真っ直ぐな坂が多くて

うげえーーーーー(;´Д`)




フ:あとちょっとですよー

はーい。(;´Д`)



待ちくたびれた感じの2人が待つ頂上に到着。



P:寒うなった~

(;´Д`)ゼイゼイ・・・


ヨ:反対側に行くの?

P:いんや。戻る。


必死にのぼった道をさっさと戻ります。


ここってローディーさんが何人も上ってきよるんですよ!

ここに通ったらローディーさんの友達増えるかな?(*´∀`*)
でもてっぺんってなんもない・・・



下れば

次なる山を目指します





明らかに入るなと仰られていますが。。。いいの?



散歩中の人がいるので気をつけながら行きます。


P・ヨ・フ・・・・・私の順です。


やっぱり速いわフランチェスコさん。

先頭の入れ替わりは不明。



頂上に近づくのが木の様子でよくわかる場所ですね。



てっぺん~(;´Д`)




更に上に行くと見晴らしが良いそうです。



そして始まるシクロクロス。



本当に持って上がるんだ。。。と呆れた感じのフランチェスコさん


私はクロモリのラレー担いで無駄に体力削ぐのは断る!まだ先が有るんですよ。

(`・ω・´)こんな所から取っていきやしません、置いていきます。


ということで



フランチェスコさんも仕方ない、と置いていかれます。




おーーー



つっかれた。(´-ω-`)




しばし休憩。




あのへっこんだ谷間のとこにのぼってきたんですよ。



そして

私に女性ローディーの友人はおらんのかという話しに。


オラン。(´-ω-`)華が無いよね~華が。どっかに美人で優しい女性ローディーさん落ちてないかな。ついでに未婚の男性も。



思うに


女性ローディーさんは友人や夫婦で一緒に走ってる事が多くないかな。
そして1人でいる方は
どこの選手?という方が多い気がするんですが・・・(´-ω-`)


というか













このPiccolinoルート見て女性来てくれるかな?(´・ω・`)封印すべきかもよ…




ヨッチさんの、チャンポン食べに行こうよ!お腹空いた!


という言葉を受けて

そうやね。と井野山を下り




コンビニへ。



P:お腹空いてるならしっかり補給しとき♪(´▽`)


チャンポン行くのに何故しっかり補給するのかという当然の疑問に


P:四王寺に登るけん♪(o´∀`)b




ヨッチさんソーセージとアンマンを補給。

私焼き鳥マンなる怪しげな物を補給。他に無かった。

Piccolinoさんもしっかり補給。



フランチェスコさん、悟りに似た何かを醸し出されてます

聖フランチェスコさんとなり始めたようです。





すぐ其処なのに未だチャンポンは遠い。

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ツイッターしとります → @Tarassaco_

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めの頃だけ封印して
少~しずつ
少~しずつ
少~しずつ
解き放ってやればいいのですね♪

щ(`∀´щ)
ケケケケ…
☆飛び出るねこ缶☆
 お猫様と私  お猫様と私  お猫様と私
プロフィール

Tarassaco

Author:Tarassaco
Tarassaco--一応、人間
命(みこと)-♂-01年生れ
てん-------♀-03年生れ
まこと------♀-03年生れ
スモーキー-♀-03年生れ
華(はな)---♀-04年生れ
あげは-----♀-05年生れ
梵(ぼん)--♂-07年生れ

☆てん女王ニュース☆
アタシ様倶楽部の会員になったのよ!
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
旬の花時計
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック